ダイハツの正規販売店と業販店

 

ダイハツ店の特徴とねらい目

ダイハツの正規販売店は、当然ながら自動車の小売りもしていますが、※業販店の管理業務の仕事割合もかなり大きい。

 

他のメーカーと違ってダイハツの正規販売店は少ないのですが、正規販売店と見間違えるほどの立派な店舗を構えている上位の業販店も多い。

 

準正規販売店に近い存在なので、値引き額が正規販売店よりも大きい場合がありますのでねらい目と言えます。

 

正規販売店も、業販店も各社の販売実績によってマージンは差がつけられており、それが値引きの余力となって表れるのです!

 

 

※業販店とは?
協力レベルの度合いにより正規販売店により近い業販店もあります。

 

業販店とは、整備業を主な収入源とし、そこを利用するお客さまから、新車購入の予定や相談などがあった場合に、協力関係にある正規販売店へお客さまを紹介する業者のことを指します。

 

中には、新車販売をメインとしている業者もあり、それは台数あたり紹介料をもらうか、年間目標台数を設定して紹介販売するのかなど、正規販売店との協力関係によって異なってきます。

 

ダイハツのキャストを購入する場合は、値引き額が違う可能性がありますのでこの業販店も覗いてみよう。

 

愛車の価値を調べてからダイハツ店へ行きましょう!



 ダイハツのお店へ行く前に!!

 まずは愛車の売却相場を知らないと・・・
 愛車の下取り額に対して正しい判断が出来ず、損をする可能性があります!



 だから!!
 「カービュー」 等のネット一括査定サービスで愛車の売却相場を知って下さい。
 査定額の差が最大で65万円となったケースも実際にあります!